Spread the love

AKB48でタレントの高橋みなみが、12日放送の日本テレビ系バラエティ番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時)に出演。グループ在籍時代、同じ初期メンバーで「ノースリーブス」としても活動していた峯岸みなみに、「1ヶ月以上無視されていた」という2人の間にあった確執を告白した。

w700c-e_2121096
峯岸みなみ(右)との間にあった確執を明かした高橋みなみ(左)/(C)モデルプレス

プライベートでも高橋と仲の良かった峯岸は、高橋が一人暮らしを始めてから頻繁に遊びに来ていたというが、高橋が自宅で猫を飼い始めてからその関係は一変。猫アレルギーだった峯岸に「何で猫飼ったの?私と猫どっちが大事なの?」と“マジギレ”される展開に。その後、約1ヶ間口をきいてもらえず、指原莉乃にも「たかみなと口きかないでね」と飛び火状態になっていたという。

峯岸みなみ「好きすぎて…」高橋みなみと和解?

その後は仕事に支障をきたすため、険悪な事態を回避することができたものの、未だに根に持たれているのではないかと不安視していた高橋。峯岸は「意図的に避けていたことは事実」と認め、「『猫を飼おうと思ってるんだよね』ってワンクッションあったら良かったんですけど、猫を飼うことにした事実を突きつけられたのが嫌だった」と当時の心境を振り返った。

しかし、現在は猫アレルギーが「治っちゃいました」という峯岸。「今思えば何であんなことで怒ってたんだろう?と思います。(高橋が)好きすぎて面倒くさい彼女みたいになっちゃってた」と好きだから故の出来事であったことを告白。内輪なネタに東野幸治からは「どうでもええ!」とあしらわれるなど、スタジオは笑いで包まれていた。(modelpress編集部