Spread the love

【高橋みなみ/モデルプレス=6月20日】元AKB48でタレントの高橋みなみが19日付で自身のブログを更新。18日、新潟・HARD OFFECO スタジアム新潟で開催された「AKB48 45thシングル選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」の開票イベントを振り返った。

w342c-e_2054621
“元総監督”高橋みなみ、総選挙は「複雑な気持ちになりました」(C)モデルプレス
w342c-e_2052858
高橋みなみ(C)モデルプレス

イベントの模様は、「第8回AKB48選抜総選挙SP」としてフジテレビにて生中継。同番組にゲスト出演した高橋は「今年は選挙に参加する側ではなく 卒業生としてAKB48の総選挙をスタジオから見させていただきました」と語り「選挙のあのなんとも言えない。きっとメンバーにしかわからない複雑な気持ちになりました」と当時の心境を明かした。

若い世代に期待

卒業まで総監督として、グループをまとめてきた高橋は「あの場所で呼ばれなかったからと言って頑張ってないわけではない」とメッセージ。また、昨年の選抜メンバー16人のうち、5人が卒業、辞退していることにふれ「嬉しかったのは若いメンバーのランクイン 去年涙を流したメンバーの飛躍はとても嬉しかった」と若い世代のランクインを喜び、期待した。

いろんな涙があり、さまざまなドラマがあった中で、その様子を見守っていた高橋は「喜ぶ子もいれば悔しさを滲ませる子様々で、安慮できるメンバーもいれば心配になる子もいたのも正直な所」と告白。「女性社会の中で順位をつけ発表する事の厳しさは何事にも変えがたいプレッシャーです」と思うところを述べた。

w342c-e_1877931
小嶋陽菜(C)モデルプレス
w342c-e_2033540
指原莉乃(C)モデルプレス

小嶋陽菜の卒業発表には「驚きを隠せませんでした」

小嶋陽菜の卒業発表は、高橋も知らなかったようで「まさかすぎて驚きを隠せませんでした」と回顧。にゃんにゃん仮面として出馬した小嶋を「彼女しかあの盛り上げ方はできなかっただろうし、、最後に本気で選挙に臨むことよりも皆さんを楽しませる事を選んだプロ根性に感動しました」と称賛した。

指原莉乃を称賛

過去最多となる243,011票を獲得し、史上初の2連覇を成し遂げた指原莉乃については「もうバケモノだなとwww」と驚き。個人でも活躍ぶりを見せる指原を「アイドルという領域から確実に出ている実力者」と賛辞を贈った。

自身が卒業してから、初めての総選挙となった今回。見守る立場での総選挙となったが「これからのAKBが48グループが楽しみ」と期待に胸を膨らませた。(modelpress編集部