Spread the love

【永井理子/モデルプレス=7月20日】3月に開催された「女子高生ミスコン2015‐2016」で、見事64万人の頂点となるグランプリに輝き、初代“日本一かわいい女子高生”の称号を手にした“りこぴん”こと永井理子が20日、都内で行われたスマートフォンゲームの記者発表会に、お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬とともに出席。小沢は、初対面のりこぴんの印象について「日本一かわいいって聞いていたけど、ちょっと間違っていました。俺が思うに世界一だと思いますよ」と甘い言葉を投げかけ、「こういうの(セリフ)でガス代を払っております」と笑わせた。

w342c-e_2254849
初代「日本一かわいい女子高生」の“りこぴん”こと永井理子(C)モデルプレス
w342c-e_2254851
“りこぴん”こと永井理子(C)モデルプレス

一方、小沢の印象を聞かれた永井は「すごく優しくて、楽屋とかでも緊張せずに話すことができました」と打ち明けると、小沢は「どうやら1面はクリアしました」としたり顔。またイベントでゲームをプレイしたりこぴんは、小沢のフォローによって勝利。すると小沢から「(フォローがなくても)絶対に勝てている。2人のゲームではキミが勝っているから」とお得意の甘い言葉を浴びせた。

w700c-e_2254850
(左から)“りこぴん”こと永井理子、スピードワゴン小沢一敬(C)モデルプレス

そんな甘い言葉の連発に、報道陣から「りこぴんの目が泳いで困っている」と突っ込まれた小沢は「泳がれているうちはヤバいです。溺れさせないと。こういうので駐車場代を払っています」とコメントして会場を失笑させ、永井は「反応に困っちゃいます」と苦笑いを浮かべていた。

日本一かわいい女子高生、好きな男性のタイプ

また、好きな男性のタイプを聞かれると、永井は「身長が高い人が好きで、性格は面白い人が好きです」と打ち明けると、小沢は「アンガールズを紹介しようか」と提案して笑いを誘い、永井は「それはちょっと大丈夫です」と拒否。

さらに「タイプは決めないようにしている。だって次、好きになった子が言っていたタイプと違ったらその子に悪いから」と言う小沢の話を聞いた永井は「確かに…」と感心。小沢から「このシステム使っていいよ」と許可されると、永井は「使います」と声を弾ませていた。
modelpress編集部