Spread the love

クロスロード』(Cross Road)は、2016年2月25日から3月31日までNHK BSプレミアムで放送された連続テレビドラマ[1]

2017年5月28日より、2期シリーズ「クロスロード〜声なきに聞き形なきに見よ〜」が放送されている(全6回)[2]

公式 http://www.nhk.or.jp/pd/crossroad2/

主要人物[編集]

尾関 辰郎
演 – 舘ひろし
青梅中央署 警務課 警部補(第1期)→大森臨港署 刑事課(第2期)。58歳。元捜査一課刑事。妻・幸子(さちこ、古村比呂)を17年前に亡くして以来、茗荷谷の向心坂マンションに一人暮らし。25年前に誤認逮捕による冤罪事件をマスコミにリークした懲罰人事により左遷され、通勤に2時間かかる遠隔地勤務を続けている。
板垣 公平
演 – 神田正輝
たま多摩新聞記者(第1期)→フリージャーナリスト(第2期)。大手新聞記者を経て、フリーランスの記者として週刊誌で数々のスクープを上げた。尾関が漏らした捜査情報を記事にし、冤罪事件をスクープした。たま多摩新聞が廃刊となり、フリージャーナリストとなる。

板垣家[編集]

板垣 恭子
演 – 高島礼子
公平の妻。清掃業のパートをしている。第2期では脳溢血で倒れた父親の世話のため、築地の実家で暮らしている。
板垣 泉
演 – 北乃きい
公平の娘。役者を目指す劇団員。実家からの援助を受けない約束で、大学をやめる了承を得た。生活のためにクラブでバイトをしている。
板垣 智
演 – 山口翔悟
泉の兄、公平の息子。3年前に出版社を辞めて、現在は花屋「緑の館」店員(第1期)。花屋が閉店し、植物の栽培の勉強のために南アフリカへ渡る(第2期)。

青梅中央署(第1期)[編集]

殿村 隆宏
演 – 徳重聡
青梅中央署 署長。
駒田
演 – 石井愃一
青梅中央署 副署長。

大森臨港署(第2期)[編集]

津山 浩太郎
演 – 勝野洋
大森臨港署長。
田中 啓介
演 – 神田穣
刑事課の若手刑事。
畠山 秀行
演 – 神保悟志
刑事課長。
小池 夏音
演 – 松原夏海
刑事課。

警視庁[編集]

第1期
村瀬 義行
演 – モロ師岡
警視庁捜査一課 理事官。
貝谷 洋三
演 – 西村雅彦
警視庁捜査一課 管理官。多岐川事件を単独犯による犯行だと見立てた。
第2期
近衛 滋
演 – 竹中直人
警視庁捜査一課管理官。多摩川河川敷女性殺人事件を担当する。

たま多摩新聞[編集]

野々山 徳枝
演 – 中村玉緒
たま多摩新聞オーナー。
塚本 ゆかり
演 – 柊子
たま多摩新聞カメラマン。

第1期・第2期共通[編集]

木戸 昭吾
演 – 平泉成
辰郎の義父。元交番勤務。
石山 のぞみ
演 – 飯沼千恵子
生花店「緑の館」店主(第1期)→喫茶店「カフェ・ド・ボタニーク」の店員(第2期)。
羽田 耕作
演 – 河相我聞(第3・5話・第2期第1話)
サンセット出版編集者。公平からたま多摩新聞では扱えないからと、多岐川事件の犯罪被害者の特集記事を載せてほしいと頼まれる。

その他[編集]

第1期
間島 千鶴
演 – 大後寿々花
15年前に発生した未解決強盗殺人事件「多岐川事件」の遺族。事件当時、6歳。祖父・茂二郎と法事で外出している間に、父・義信、母・登美子、祖母・清江を殺害される。3年前に祖父を亡くし、現在は祖父が生前から懇意にしていた男性が営む仲代工務店に事務員として勤めている。事件の3日前に若い男からアイスキャンディを貰ったと証言した。
春雄
演 – 宮下裕治
徳枝の亡き夫の息子。借金があり、徳枝に度々金をせびりに来る。
及川 五郎
演 – ミッキー・カーチス
尾関の行きつけのバーのマスター。
太田 巌
演 – 小野武彦
警備員。多岐川中央署元刑事。定年までの5年間は多岐川事件を担当し、複数犯説を主張したが、受け入れてもらえず、事件は未解決で心残りのまま定年を迎えた。
第2期
片山 明日子
演 – 栗山千明
三葉出版『週刊レポ』のライター。売上部数を伸ばすためなら憶測まじりの記事でも構わないと考えている。
君塚 瞳
演 – 野村真美
多摩川河川敷で遺体で見つかった女性。39歳。ホテルでは漫画の登場人物「桜井唯」と名乗っていた。
雪乃
瞳が連れていた子ども。
君塚 文也
瞳の夫。瞳は8年前に家を出て行ったまま音信不通で、子供の存在は知らないと話す。

ゲスト[編集]

第1期[編集]

第1話
友美
演 – 大浦千佳
出勤途中にストーカーに襲われそうになったところを、尾関に間一髪助けられる。ストーカーの被害相談を青梅中央署にしていたため、父親が抗議をする。
第2話
山中 正治
演 – ダンカン
元受刑者。傷害で6年半服役し仮釈放、尾関の伝手で遺品整理会社に就職した。
山中 麻奈美
演 – 芳本美代子
山中の妻。事件後、離婚を申し立て調停中。
第3話
河原 彩
演 – 東風万智子
「貧困女子を守る会 ラビット」代表。
西村 勇人
演 – 萩野崇
熱帯魚店「ゴールドラッシュ」店長。解散した暴力団「武蔵会」の元メンバー。武蔵会を再結成しようとしているとのタレコミ電話が青梅中央署に入り、刑事課が人手不足のため尾関が調べることになる。
鈴木 夏音
万引きの常習者。保育園児の娘がいる。万引きで捕まった際に西村に身元引受人を頼む。
第4話
松川 健一
演 – 羽場裕一
再就職活動中の元エリート商社マン。前の客がタクシーに忘れていった金を着服してしまう。別居中の妻・エリコは元クラブ歌手だったが、現在は弁当店でパートをしている。
八木沼
演 – ホリベン
外国人ホステスの斡旋業をしている。酔って、タクシーに1000万円近い現金が入ったセカンドバッグを忘れていってしまう。
斎木 正孝
情報提供者(茅島成美)によって、白骨遺体の復顔似顔絵に似ていると情報が寄せられた男。
第5話
衛藤 真樹矢(第6話)
演 – 山内秀一
斎木殺害の重要参考人。多岐川事件の共犯者と推定されたが、物証がないことから、捜査本部はあくまで斎木殺しの容疑者のみとして扱った。東日本大震災の身元不明遺体の指紋と一致した。
第6話
塚越 里美(旧姓:杉田)
演 – 遊井亮子
衛藤と一時期同居していた元恋人。

第2期[編集]

第1話
前川 宏樹
演 – 若林豪
尾関の先輩刑事。新米時代の尾関に刑事としての基礎を叩き込んだ恩師。故人。
前川 静江
演 – 黒田福美
前川の妻。