Spread the love


25日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に女優の北乃きい(26)が出演。この日は動物好きタレントによる「どうぶつ研究会」だったが、男性視聴者は北乃のことが気になって仕方がなかったようだ。

芸能界屈指の動物マニアで知られる田中直樹(46)や柴田英嗣(41)らが、地球上にいるさまざまな動物たちの不思議な生態を熱弁した今回。かなりマニアックな話もあったが、芸人らによるわかりやすくてアツいトークで番組を大いに盛り上がったが…。

冒頭からネット上には、「北乃きいがやけにセクシー」「動物のVTRよりも北乃きいを見たい」「北乃きいがキレイすぎる」といったコメントが続出した。この日の北乃は胸元や腕の部分がシースルー素材になっている黒のドレスを着ており、その姿に一部の視聴者が色っぽい魅力を感じたようだ。

その後も田中や柴田がサメやアリクイなどについて語る中、セクシーさが称賛されまくった北乃。以前から彼女はムッチリとした癒し系のボディで人気があったが、この日は「何かエロい」と”艶化”を指摘する声が寄せられることになった。

そんな北乃といえば、2014年9月より『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務め、昨秋に同番組を卒業。その間、女優活動をセーブしていたが、今年に入ってからドラマや映画への出演が増え始めている。

『ZIP!』卒業後、初のドラマ出演はWOWOWの『社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』

日本を代表する巨大新聞社の買収劇を描いたドラマで北乃は、外資系企業の社長秘書役を演じて好評を博した。特に、男性ファンにとってはたまらないシーンの連続だったよう。というのも、北乃が演じたキャラクターは女を武器にする帰国子女で、ことあるごとに胸の谷間や太ももをチラリと見せたのだ。

これまでの北乃は清純な役柄を演じることが多く、このドラマで見せた妖艶な姿には驚いた人も多かった様子。全5話の放送が終わるとネット上には、北乃の新たな魅力を称賛する声が上がった。この作品の影響もあって、今回の『アメトーーク!』を目にしたファンは北乃にセクシーな魅力を感じたのかもしれない。

女優として新たな一歩を踏み出した北乃は、17日公開の映画『TAP-THE LAST SHOW-』にも出演。タップダンスをテーマにショービジネスの光と影を描く『TAP』は、水谷豊(64)が40年前から構想を練っていた企画で、その水谷が初めてメガホンをとった作品だ。北乃は才能あふれる若きタップダンサーの恋人役で、ストーリーを支える重要なポジションを担っている。また、来月14日には大人気コミックの実写映画『銀魂』の公開を控えるが、その翌日にネット配信されるオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』(dTV)のヒロインを務めるのも北乃だ。

今回はバラエティでの姿が「セクシーすぎる」と評判だが、これからの北乃はドラマや映画でファンを魅了し続けることになりそうだ。

「やけにセクシー」北乃きい、シースルー姿にファン興奮! 『ZIP!』卒業後は女優業も好調
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170626/Menscyzo_201706_post_14421.html