Spread the love

 

「えっ、えっ、綾瀬はるか!? 細ーい」
通りがかった女性が驚くのも無理はない。5月中旬、神奈川県・三浦半島の港町に綾瀬はるか(32)が現われたのだ。そして、なぜか、その手には風船が。

 

「坂口健太郎とダブル主演の映画『今夜、ロマンス劇場で』のロケでした。ファンタジー映画で、綾瀬はスクリーンから抜け出したお姫様役を演じます。綾瀬の25パターンの衣装が見どころのひとつです」(映画制作会社関係者)

 

この日、綾瀬は腕を完全に露出させたノースリーブで撮影に臨んだ。三十路を越えても、二の腕にたるみはまったく見当たらない。

 

「昨年からNHKの『精霊の守り人』のヒロインを務めている。アクションシーンが多い同作のために、毎日腕立て伏せ200回、腹筋150回で体を鍛えた。
さらに、20代後半からストレッチを日課にしている。年を重ねても、体型に変化はない」(芸能プロ関係者)

 

『精霊の守り人』最終章は2017年11月の放送だ。

 

週刊FLASH 2017年6月13日号