Spread the love


7月から放送が開始される『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。低迷を続けるフジテレビ”月9″最後の砦ともいえる大型コンテンツだ。
主演の山下智久はもちろん、新垣結衣や戸田恵梨香など現在一線級の役者が今回も続投。「さすがにこれは視聴率も取れる」と、いわば”確勝コンテンツ”と位置づけられているようだが……。
キャストはともかく、ドラマ内容には不安を持つ人も多いようだ。それが「脚本家変更」である。
「今回で3期目を迎える同ドラマですが、1,2期の脚本を担当した林宏司氏から、安達奈緒子氏に脚本が変更となっています。オリジナル作品ですので、脚本家の実力がモロに試されるわけですが、ファンの間で出来上がっている『コード・ブルー』のイメージが変わってしまうのか、というところがひとつの焦点となっているようです。安達さん自身は月9経験も豊富ではありますが……」(記者)
安達氏がこれまで担当したドラマは『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』などフジテレビ系のヒットドラマが多い。ただ”恋愛要素”の多さも気になるところだ。

『コード・ブルー』は、若手キャストの共演でありながら恋愛要素は極めて薄く、硬派な医療ドラマという路線だった。安達氏が担当することで”恋愛部分”が強くなってしまえば、ファンとしても違和感があるかもしれない。
何より、ここ最近安達氏が担当したドラマの結果が不安の種という。
「今年に入ってから、新春スペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』、連続ドラマ『大貧乏』と続けて脚本を担当していますが、お世辞にも高視聴率とはいえない『爆死』が続いています。『コード・ブルー』は大きくコケることはないでしょうが、思ったような結果が得られない可能性はあるかも……。奮起に期待したいですね」(同)
放送前から注目度が最上級だけに、期待も大きい。『コード・ブルー』は予想を超える好結果を生み出せるのかどうか。

http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3743.html